天合峰は八王子市の北西部にあります。標高300mで、川口丘陵の主峰です。麓に広がる八王子市川口町の象徴的な山で、川口町1番地がこの山の頂に始まります。山頂では川口町、上川町、美山町、西寺方町などが境を接しています。山頂から東西に延びる尾根からは、支尾根が派生し、終端部はいずれも広い台地を形成し、台地のどこからも縄文時代の土器や石器が見つかっています。台地ではこれまで、畑作農業が盛んでした。尾根の間は深い谷を形成し、その終端部では湿地が形成され、ホタル、トンボ、トウキョウサンショウウオ、ニホンイモリ、などが数多く生息しています。湿地はかつて谷戸田の稲作農業が盛んでした。また、山の木々は、炭や薪として、人々の生活を支えてきました。今はその機能が徐々に失われ、残された豊かな自然環境が人々の心に潤いを与えてくれます。
川口土地区画整理事業(物流基地整備構想)
天合峰には開発計画があり、今、環境アセスメントの手続き中です。手続きは配慮書、方法書までが終り、現在、事業者による環境調査が行われています。間もなく準備書という形で、住民に提示され、説明会が行われるものと思われます。左の写真に見えている天合峰は保存緑地となり、開発からは除外されます。開発予定地が集中する反対斜面は徹底的に削られ、多くの自然遺産が失われれるものと想定されています。特にトウキョウサンショウウオの有力な生息地が含まれているため、環境省でもその保全策については特に注目しているようです。私たちも事業者が現状をどのように把握し、どのような保全策を講じるのか、準備書に注目していきたいと思います。

今回は環境アセスメント法が改正され、初めてのケースです。進行する段階ごとに順に決定していくことになっており、方法書で記載された内容は、準備書の段階では変更できません。

SINCE 2001-01-01   最終更新 2017-08−11
あなたは番目の訪問者です
CONTENTS
LINKS
景観・風景
動物
里山・動植物・環境
川口の自然情報 2017-08-11更新 川口の生き物たち 里山
天合峰・里の風景   オオタカ
川口弁天池  2013-12-11更新
オオムラサキ  カヤ(カヤネズミ)日記
里山随想
トウキョウサンショウウオ 2016−02−03 更新
天合峰のポピュラーコース 2013-12-19更新 川口の野鳥 2015-03-09 更新 私の高尾山
川口ビオトープ  2015−10−10更新 ヒダサンショウウオ  2015-01-15 更新 トウキョウサンショウウオ研究会
里山ウオッチング(地域の行事) 川口のトンボ 2015-06-06 更新 八王子のきのこ
里山フォトギャラリー
歴史・文化
植物
川口の野草(写真)
動員学徒と川口川 川口の植生 2014-12-05更新 川口の野草(ビデオ)
川口の石仏 天合峰のエビネラン 川口小学校
今熊神社 2017−04−12 更新 キンランよ、甦れ 川口中学校
北村透谷の幻境 ユキザサの春と秋  2015-04-30 更新 上川口小学校 
山懐の神々 カタクリ
青少年対策川口地区委員会 
河口氏の大般若経 クロムヨウラン 2015−10−12 更新
鳥栖観音堂と鳴鐘 天合峰のスミレ 2015−04−30 更新
タンポポ

水生植物 
タコノアシ 2015−10−11 更新
シロバナエンレイソウ